100万円の元金を固定して信用取引のレバレッジを効かせ預金200万円確保に挑戦中!モットーは早めの損切りです

シニアの目標達成日は大イベント開催日に設定すれば意欲やる気を保てる

例えば、リタイアした60+のシニアの方がある目標を持ったときに、目標を達成する期限を決める事は重要です。

なぜなら、若者と比べたら後が余りないからです。

私の場合、目標を決めて達成する日を決めたとしても忘れてしまうことも多いのです。

そこで世界各国や我が国で開催される大イベントの開催日を自分の目標達成日に設定しておけば、マスコミが報道する度に目標を再認識できるのでモチベーションを保てると考えました。

この事を先輩との会話で気付かされたのです。

 

尊敬している79歳の同郷で同窓の先輩に久し振りに会いました。

先輩はすごく元気で若々しくとても80歳の老人ではありません。

「いつも若いですね」と声をかけると、「私はいつも45歳と思っている」と返ってきます。

気持ちも若過ぎる高齢者の鏡のような人なのです。

私もこんな高齢者になりたいと思うが、かなり努力が必要です。

先輩は若い時に中曾根康弘元総理の秘書をしていた人で、私とは年に何度か会ってお互いに近況報告する間柄です。

今でも時々元総理に会って難問を相談しているとのこと。

80歳の高齢者が百寿の人にアドバイスを受けている姿は想像できません。

先輩は秘書時代に人脈を築き上げ、今は企業・人をつなぐ仕事を会社には所属せずに個人で活動している、今でいうマッチングビジネスです。

AIを活用したマッチングビジネスは需要と供給を簡単に広範囲に満たす面では大変便利なシステムだと思います。

しかし、「あの人にはこの人だ」という第六感的な感覚を介したマッチングは血の通った人間のみがなせる業かもしれません。

60+はホップ・ステップ・ジャンプを考える

先輩いわく、東京五輪が開催される2020年を目標に頑張ってきたが、今度は2025年に大阪万博が開催されることになったので、更なる目標が出来たと。

これから81歳で迎える東京五輪までがホップ、86歳で迎える大阪万博がステップ、最後のジャンプはステップ中に考えるという。

また、自分の周囲を見渡すと、体を動かし頭を使って試行錯誤している高齢者ほど、いつまでも明晰で元気だそうです。

大きなイベントが開催されると、企業・人をつなぐ機会が増えるので、楽しくてしょうがない、元気がでるという。




歳を取っても気配りを工夫する

政治家のパーティーに出席する際は、パーティーに出席するであろうと予想される知人の名前を全てメモ書きして持参するらしい。

会場で顔を見ても名前が出てこないことが多くなってきたので、メモをチラ見して「やーやー、○○さん、〇〇君」などと声をかけるらしい。

気配りも人一倍、秘書時代に身に着けた人心把握術かもしれないけど、歳を取ったからといって工夫を忘れていないのです。

この年齢になっても、予期せぬ事を想定して準備しているところに感心させられました。

前回先輩と会った時に朝方血圧が高くなることがあってかかりつけ医からも原因が分からないといわれ心配をしていました。

今日その事を聞いたら、血圧の事に詳しい循環器系の複数の専門医に聞きまくり、健康に全く問題がないことが分かったと言って喜んでました。

この辺りの行動力も見習わなければならないと思いました。

東京五輪と大阪万博の開催までの目標を設定する

先輩に会って高齢者がいつまでも元気でいることのヒントをもらいました。

シニアも目標を明確に設定して達成すべく努力する姿はイケていると思います。

目標の達成に期限を付けておかないと意識も薄くなります。

そこで自分もこれから先の目標に期限を設定することにしました。

この先いくつか達成したい事があるが漠然と考えているので、優先順位を付け、優先順位の高い事から計画を立案し実行しようと思いました。

先輩を見習って、64歳の2020年まで2年弱、69歳の2025年まで7年弱、目標と計画を作ることに。

この2つのイベントが開催されるまでに目標を達成します。

大きなイベントは開催されるまでマスコミが常に報道するため、それを見るたびに設定した目標を再認識して意欲、やる気などのモチベーションを保つことができます。

 

そして次の目標設定は、先輩流に大阪万博の次は新たなイベントがあるだろうから。

まとめ

これからのシニアは目標を具体的に決めて達成するために努力することが健康で元気いるために必須。

大イベントの開催日を目標達成日にしておけば、マスコミが報道するたびに目標を再認識してモチベーションを保てる。

コツコツと努力することで、若々しく、自分らしく、楽しくイキイキと前向きに生きていける。

アイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!