100万円の元金を固定して信用取引のレバレッジを効かせ預金200万円確保に挑戦中!モットーは早めの損切りです

やってTRYの「しらすおろし冷製パスタ」にトライした/噂の東京マガジン

こんにちは。もう少しで63歳になる幸爺です。

今日は日曜日、朝から一人で大谷選手が出場の大リーグ、エンジェルス対マリナーズの試合を観戦し最後の5打席目でヒットを打った大谷に盛大な拍手を送り、なんとなくリモコンでチャンネルを切り替えていたところ、ちょうど「東京マガジンのやってTRY」のコーナーでスタジオでシェフが冷製パスタの作り方を紹介していました。

そのシェフは、西麻布「アルポルト」の片岡シェフで、「しらすおろしの冷製パスタ」の美味しい作り方のポイントを分かりやすく紹介していました。

毎週、土日は私が夕食当番なので、今夜はこの「しらすおろしの冷製パスタ」にすることにしました。

昔から和食が好きな私ですが、家内はイタリアンが好きなので、今回挑戦してみました。

片岡シェフ曰く、「しらすおろしの冷製パスタ」を作るときのポイントは、材料に大根おろしの汁を加えて麺に絡めて使うことです。

「しらすおろしの冷製パスタ」レシピ

しらすおろし

●カッペリーニパスタ

●フルーツトマト

●大葉

●トマト

●ミョウガ

●醤油

●レモン汁

●オリーブオイル

●塩

冷蔵庫をみたところ、大根、大葉、ミョウガがないので、近くのスーパーマーケットで買ってきました。

また、家には麺の太さが細い「カッペリーニパスタ」はなかったのですが、太めのスパゲッティーニで我慢することにしました。

 

大葉、ミョウガを細い千切りにして、トマトは小さく刻みます。

ここに、醤油小さじ1/2、レモン汁小さじ1、エクストラバージンオイル大さじ1、コショウ少々、塩少々を加えて、大根おろしの汁を加えます。

材料が完成したら、冷蔵庫で冷やしておきましょう。出来上がりの時に冷たく頂けます。

トッピングのためのしらすおろしを作っておきます。こちらも麺ができてトッピングするまでは冷蔵庫で冷やしておきます。

我が家では、やってTRYで紹介されたレシピに追加して、冷やした枝豆を加えました。

また、盛り付けの最後に、パルミジャーノチーズをすりおろしました。

こんな感じに出来上がりました。

盛り付けは少し高くすると見栄えが良くなるとかな。

家内は冷たくて美味しいと言ってくれましたが、私には少し塩分が足りなかったので、若干の塩をふって頂きました。

お粗末様でした。

最新情報をチェックしよう!