2回目のコロナワクチン接種後に強い副作用に苦しんだ64歳男性の体験記

新型コロナウイルスのワクチン2回目接種後の副作用がひどかったので記事にしました。

 

今後、接種される方の参考になればと思います。

 

私は現在64歳の男性、血糖値や血圧も正常範囲で基礎疾患はなく極めて健康体です。

 

大手町で実施されている新型コロナ大規模接種に申し込み2回目の接種も済ませました。

 

接種したのは「モデルナワクチン」です。

 

6月2日に1回目の接種、副作用は注射部位の痛みが2日後から起こり2日間ほど続きました。

 

副作用が強かったのは2回目の接種後です。

 

私の平熱は36.2度、副作用では39度の高熱がでました。

 

解熱剤を買っておくべきでした。

 

副作用は若い人や女性に多いと報じられていたので64歳の私は副作用をさほど気にしていませんでした。

 

2回目の接種後の副作用の症状をまとめました。

 

副作用は誰にでも起こるものではありませんので参考程度に読んでいただければ幸いです。

 

私の副作用の症状と推移

 

大規模接種本編2

 

 

1回目の接種:6月2日12時30分

 

注射部位の痛みが2日後から起こり2日間ほど続く。

 

その後は痛みは消えて普通の体調になった。

 

2回目の接種:7月5日12時

2回目の接種直後は会場で20分間待機させられ、特に副作用は起きなかったので帰宅しました。
副作用は接種後11時間後からでした。
7月5日23時頃  ワクチン接種から11時間後

 

2回目の接種時間から約11時間後に副作用が起きました。

 

自宅でパソコン作業中に突然、悪寒を覚え震え始めたので布団に入る。

 

副反応がこんなに急に、突然に起こることに強い戸惑いを感じた。

 

穏やかな夜が一転、辛い夜になることを予感した。

 

7月6日0時頃 ワクチン接種から12時間後

 

布団に入ってガタガタと大きく震え続ける。

 

震えで口を閉じることが出来ず歯と歯がカツカツと当たる。

 

その後少しずつ熱が上がり始める。

 

副作用を想定しなかったので解熱剤を買ってなかったことを後悔!

 

仕方がないので妻が常用しているアスピリンを分けてもらって飲んだ。

 

熱が下がらず、妻が見かねて氷枕を作ってくれた。

 

同日1時から7時 ワクチン接種から13時間後~19時間後

 

アスピリンを飲んでも熱は下がらず、38度前半が続き眠れない。

 

強い作用の解熱剤を買っておくべきだったと再び後悔!

 

コロナウイルスに感染したのかと不安になる。

 

呼吸が苦しくなったら救急車を呼ぶように妻に頼んだ。

 

その後、高熱が続いたが息苦しさはなかった。

 

ほとんど眠ることができなかった。

 

同日の午前中 ワクチン接種から24時間後まで

 

引き続き呼吸は苦しくならず一安心。

 

また体温も朝方から37度に下がっていたのでこのまま快方に向かうだろうと思った。

 

同日午後~夕方 ワクチン接種から24時間後~30時間後

 

ところが37度前半だった体温が午後から上がり始めて38度に上昇し下がらず、逆に39度まで上がった。

 

ワクチンの副作用の強さとしつこさを感じる。

 

体全体がだるく歩くのが辛い、壁に手を付きながらやっとの思いでトイレに行った。

 

体の節々も痛い!倦怠感が酷い!

 

体調がひどく悪化しているのを感じ本当に怖くなった。

 

同日19時~7月7日5時 ワクチン接種から31時間後~41時間後

 

就寝後も高熱が続き夜中に寝具が汗でびっしょりと濡れるほどに。

 

夜中にずっと発汗が収まらず朝までに3度着替えた。

 

朝方になって、少し眠ることができた。

 

同日8時 ワクチン接種から44時間後

 

ワクチン接種から44時間、体温が平熱に戻った。

 

夜中の高熱がウソのように元気になった。

 

そして体のだるさや関節痛も消失していた。

 

まとめ

 

2回目接種後の副反応はとても強かったと思います。

 

体調が正常に戻るまで約44時間、約2日間かかりました。

 

強い解熱剤を準備していなかったのは反省です。

 

高熱も久しぶりだったので回復後は体内の老廃物が消え爽快に近い感覚がありました。

 

体内でどのような免疫反応が起こっていたのか知る由もありませんが、

 

抗体を作るために私の体内の免疫機能が体を守ろうと働いてくれたと感謝しています。

 

心配して看病してくれた妻にも感謝です!

 

副作用は強かったけどワクチン接種を受けて良かったと思っています。

 

バスや電車を利用する時にも接種前とは違う安心感があります。

 

SNSなどでは副反応に関してデマと思われる情報があふれていますが.....、

 

ワクチンが高齢者に普及し感染者数や重症患者数が相対的に減少しています。

 

より広い世代にワクチンが普及することを願っています。

 

ワクチン接種には解熱剤を準備しておきましょう。

 

これからワクチンを接種する人へ

 

これからコロナワクチンを接種をする人へアドバイスです。

 

私の体験から、以下の物を準備しておくことをおすすめします。

 

・強めの解熱剤を用意する(例えばロキソプロフェンなど)

・同居する家族がいない人は知り合いに接種した事を伝えていざという時のサポートを依頼しておく

・汗をかいた時の着替えを複数枚準備しておく

・パンチクールなどの熱を下げるアイテムを準備しておく

・アイスクリームやバナナなど消化が良くてカロリーが高い食べ物を準備しておく

・ポカリスエットや経口補水液などを準備しておく

 

最後に熱が高くなって副作用が強くなるとコロナに感染したのでは?と恐怖を感じます。

 

私は実際に高熱の中で恐怖を感じましたが幸いにもコロナには感染していませんでした。

 

しかし、コロナに感染している場合もあると思います。

 

同居する家族等がいない場合はスマホに緊急連絡先を登録しいつでも連絡できるようにしておくべきです。

 

最後に「副反応が強く出るのは免疫力が強い」という話

愛知県がんセンター病院の伊東医師は「若い人ほど免疫力が強いため、異物であるワクチンにも強く反応して、副反応が強く出ると考えられる」と話しています。

 

 

コロナワクチン接種
最新情報をチェックしよう!