100万円の元金を固定して信用取引のレバレッジを効かせ預金200万円確保に挑戦中!モットーは早めの損切りです

すぐキレる高齢者よ!熟年離婚されないために妻に感謝の気持ちを持て

すぐキレる高齢者が増えています。

平成29年版の法務省の犯罪白書によれば、60歳以上の高齢者10万人当たりの傷害や暴行の検挙件数が20年前の10倍以上に増え、更に増加傾向となっています。

ということで、高齢者がキレている姿を見たことありますよね。

はたから見て高齢者のキレている姿は全くみっともないものです。

本来であれば、キレている若者を諭す立場の人なのに。

私は、街中やお店などで高齢者がキレて、店員や係員に食ってかかっている姿を見たのは一度や二度ではありません。

また、若いときにサービス業に就いていたので、高齢者のキレた姿には時々遭遇しました。

キレている姿を見るとその高齢者がどんな人生を歩んできたのか、おおよそ想像がつきます。

高齢者がキレる理由の一つとして、自分の事をないがしろにされて、かまってもらえないと感じた時でしょう。

自分中心に世の中が回っていると勘違いしている傾向があります。

自宅でも、奥様の苦労がうかがえます。

会社に勤めていた時は、仕事ですから、部下も気をつかってチヤホヤしてくれたでしょう。

会社をいったん定年退職すれば、高齢者は、ただの高齢者です。

そのことに気付いていない高齢者がいるのです。

特に日本の高齢者はキレやすいといわれています。

海外では加齢とともに考え方が穏やかになって気が長くなるというのが高齢者に対する認識です。

これは脳科学的にも証明がされています。

日本の高齢者はキレる人が多いのは、自分の感情をコントロール出来ていないのでしょう。

恐らく、昔から日本の会社組織は軍隊の指揮系統である上意下達を取り入れてきた影響もあると思います。

誰でも、キレる高齢者には近づきたくないですよね。

そのうちに、妻からも愛想をつかされて逃げられ、熟年離婚となります。

このようにキレる高齢者はどんどん孤立していきます。   キレやすい高齢者の性格を見ていきます。  

キレる高齢者はプライドが高すぎ

「接客態度が悪い!」高齢者の怒りの声が響き渡ります。

受付の女性の接客を批判している高齢者です。

キレる高齢者の中には、長年勤めてきた組織への依存度が高く、中年を過ぎるころには、部長や役員に就任していた方が多いのです。

本人は「世直し」、「水戸黄門様」のつもり、部下に指導するような言い方です。

部下から気をつかわれる環境にどっぷりと浸り、これが普通の事だと思い込み、また、怒ればすぐに「申し訳ございません、誠にすみません」と謝罪される立場であったのです。

部下達から陰口を叩かれていたのも気が付かない。みじめなタイプです。

ところが、会社を辞めて社会に出れば、そんな権威は全く通用しませんし、ちやほやしてくれる人もいません。

高齢者のキレている姿は、傍目にみてとても哀れで恥ずかしいものです。

自分が無礼をされていると思い、周囲からそんな風に見られていると思い込み腹を立てるケースもあります。

プライドを傷つけられたと勘違いしているわけで「オレの事を何様だと思っているんだ」となるのです。

人前でキレる高齢者は、おおむね世界が狭く小心者が多いと考えられます。  

こういった高齢者は「オレは悪くない」と思っているのです。  

キレる高齢者は視野が狭すぎ、自分が正しいと思いすぎ

会社組織での立場を社会にも当てはめようとしているのですから、視野が狭いとしかいいようがありません。

組織では、常に自分が正しいと思い込んで部下に指導していたのでしょう。

しかし、社会の人は会社と同じような利害関係はありません。

ただの、うるさいクソジジイなのです。  

会社組織ではわざとキレているふりをする上司もいますよ。  

キレることで思い通りにしたい

会社で怒ることで強引に進めてきた過去がありますので、キレる高齢者は社会でもその手法を使っているわけです。

キレて、相手に恐怖を抱かせることで自分の思い道理に事を運ぼうとする大変卑劣、軽蔑すべき考え方です。

そんな方の周囲には人がこなくなり孤立へとすすみます。

もちろん、結婚していれば、退職と同時に妻も逃げるでしょう。   熟年離婚が決定的な人です  

キレる高齢者は妻からも嫌われている

キレる高齢者は家庭でも同様にキレていると思われます。

社会でキレる高齢者は、定年退職後も働いている時と同じように妻に対して同じ振る舞いを続けていると推測されます。

リタイア後に家にいることになっても、家庭の事は妻の仕事と思い込み、「誰が食わせてきたんだ」と最低の言葉を発する人もいます。

妻は、長年にわたり子どもがいるからと我慢してきたわけです。

もうこんな男なんてうんざりとなって「熟年離婚」となるでしょう。  

暴言はパワハラとして訴えられる

最近は、パワハラやセクハラ、モノハラなどハラスメントとしてはっきりと認識される世の中になっています。

暴行や傷害までには至らなくても、激しい暴言でも訴えられる可能性があります。

ハラスメントは、それを受けた方の精神的苦痛が基準となります。

よって、キレて暴言を吐いた時に、そのパワハラを受けた方が精神的なダメージを感じれば、訴えられる可能性もあります。

例えば、暴言を受けたことで精神的なダメージ大きく、受付に立てなくなったとか、会社に行けなくなったとか、になって心療内科を受診しているケースもあります。  

世の中もハラスメントに対して敏感でり、厳しくなつているのが実情です。  

キレている姿はみつともないと認識すること

では、キレない高齢者になるためはどうしたら良いのでしょうか。

気持ちが落ち着いて、リラックスしている時に自分を見つめ直してみましょう。

自分がキレている姿を第三者の立場になってその状況を想像してみてください。

また、高齢者であれば、他人がキレて誰かに激しく詰め寄っている姿に出くわしたことがあるでしょう。

その時に、みっともない姿だと思えましたか?

もし、みっともない、恥ずかしい事だと思えなければ、改善することは難しいでしょう。

冷たい言い方ですが、そのままで生きていけば良いと思います。  

結婚していれば、リタイア後に妻に逃げられ、間違いなく孤立し孤独になるでしょう。  

妻に感謝することを始めよう

妻とはうまくいっていると思っているのは夫ばかりです。

キレる夫に対して妻は爆発寸前で、いつ離婚をしようかと考えています。

結婚した当時は、確かに夫のことが好きだったでしょう。

しかし、時間がたてば愛も消えて、生活のため、子どものため、という理由で夫に尽くしてきただけなのです。

男性は女性に比べて鈍感なところがあるので、夫婦間がうまく行っていると思い込んでいる人が多いのです。

男性は「オレは家庭のために働きつくしてきた」と思ってしまう傾向がありますが、心に手を当てて過去を思い返してください。

やましいことが幾つか思い浮かびませんか?

大いに反省して妻の信頼を取り戻しましょう。

やましい事の内容を妻に伝える必要はありません。

男性と女性の過去の出来事に対して感情は基本的に異なります。

過去の事が高齢の夫婦になって刃傷沙汰になったケースもありますので、夫は心の中で悔い改めて反省すればよいのです。

今からでも遅くないので、妻には常に感謝の気持って接して大切にすることです。

特にリタイア後は、これまで奥様が一人でやってきた洗濯や掃除、料理、皿洗い、など出来ることを何でも積極的に手伝いましょう。

奥様の大変さが分かるはずです。

そして、結婚記念日や妻の誕生日には必ずプレゼントをして愛している事を伝えましょう。

ホワイトデーでも、クリスマスでも、イベントの日に絡めてプレゼントをしましょう。

妻に対して愛していると伝えるのは、今さら恥ずかしいという気持ちもわかりますが、女性は男性と違って愛されている確認が必要なのです。

妻から「今さら何を言ってんの、何の魂胆があるの」と返ってくることもあるでしょう。

その時に真面目な顔で日頃の感謝を言葉にして伝えましょう。

            「いつもありがとう」   「愛しているよ」  

まとめ

すぐにキレる高齢者は、今一度自分行動を振り返って、反省し心を入れ替えないと孤独一直線、間違いなしです。

家庭では、これまで妻に与えてきた苦痛を深く反省すべきです。

妻の長年の苦労に心の底から感謝の意を表し、その感謝を行動に移すことで、もしかしたら熟年離婚を回避できるかもしれませんね。

時々、奥様にお似合いのお花をプレゼントしてみませんか。

最新情報をチェックしよう!