100万円の元金を固定して信用取引のレバレッジを効かせ預金200万円確保に挑戦中!モットーは早めの損切りです

「高値圏の連続陰線引けは一旦売却」下落に地団駄を踏んだ体験

持ち株が大きく下落してしまいました。

やっぱり、イケてないシニアの代表の幸爺でした。

2日前にここで紹介したアールジャパンホールディングスが急落したのです。

高シェア、安定成長のアイ・アールジャパンホールディングスを買ってみた

持ち株が急落した

前日の株価が4250円、355円安の3895円。-8.35%の下落です。

株式ランキング、値下がり率3位に顔を出すほどの大幅な値下がりです。

そろそろ危ないと思っていた矢先でした。

高値圏で6日間もみ合い、3日連続の陰線引けでした。

言わば、下落の条件が揃っていたのです。

陰線引けとは、株式チャートにおいて始値より終値が安いローソク足のことです。

結論としては「高値圏での連続陰線引けは売り」です。

残念ながら、私は下落する前に売却することができませんでした。

地団駄踏んで悔しくなるほどに大きく下落してしまいました。

いくら悔しがっても後の祭りです。

やはり、自分はイケてないシニアの代表の幸爺だと落ち込みました。

株式の格言は沢山あります。

今回の下落局面で浮かんできた格言です。

「相場は悲観の中で生まれ、懐疑の中で育つ。楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えて行く」

そうです、最後は幸福感の中で消えて行ったのです。

「まだはもうなり、もうはまだなり」

まだまだと思ういやしい気持ちがあって売却できなかったのです。

欲が出でしまい、「チャートの警告も重要な格言も守ることが出来なかった」のです。

それは高値圏でのもみ合いが続いていましたが、もう一段上昇するだろうと考えていました。

株で失敗する人の代表的な局面と心理状態です。

ということも、分かっていたのです。欲に勝てなかっただけです。

ここ数日の高値圏の推移は、とても居心地が悪く感じていました。

ここから、更に上昇すれば、予想通り上がったと喜んだでしょう。

もし、売却していれば、予想通り下落したことを喜び、株の天才ではないかと自信を持ったかもしれません。

株はどちらに動くか誰にもわかりません。

しかし、格言や鉄則は参考にして実行しなければ意味がありません。

高値圏での連続陰線引けは一旦売却

株の値動きを予想するのは至難の業です。神のみぞ知るです。

チャートには、様々な法則があります。

どの法則を取り入れるかは、投資家の判断となります。

今回の経験で「高値圏での連続陰線引けは一旦売却」の法則を取り入れます。

株式チャートは投資家の心理、行動を反映したものだといわれています。

株が上昇することで儲かる人もいる一方で、株価が下がることで儲ける人もいます。

下がり始めると、損切り売りや信用売りも増えて、売りの圧力が加勢して、容赦なく下がります。

また、株を計画的に上げたり、下げたりコントロールしようてする仕手筋もいます。

自分で決めて取り入れた法則に従って取引きをしていれば、読みが違っても心のダメージも少ないはずです。

結論、まとめ

チャートを分析して、どんな法則を取り入れるかは本人次第です。

成長株を長期間にわたって保有している人は、日々、目先の株価に一喜一憂しないでしょう。

しかし、比較的に短期間で利益を上げようとすると、日々の値動きを観察して、売買することになります。

今回の「高値圏の連続陰線引けは売り」の法則は、分かってはいましたが、実行できませんでした。

自分で取り入れた法則は、雑念に影響されず、実行すべきでした。

反省しきりでございます。

最後までお読みいただき感謝です。

最新情報をチェックしよう!