100万円の元金を固定して信用取引のレバレッジを効かせ預金200万円確保に挑戦中!モットーは早めの損切りです

下げても更に下げる暴落相場では一旦全て売却する

損切り爺です。

株の下げ相場が収束しません。

ニューヨークダウが反発しない限りは、日経平均の反発も期待できない状況でしょう。

新型コロナが世界にまん延したため、恐怖に縮み上がっています。

歴史的な暴落相場です。

余り経験できない場面なので、暴落相場をしっかりと心に刻み、今後の参考にしたいと思います。

今は、「もう反発するだろう」と買ってはいけない時なのでしょう。

「もうはまだなり、まだはもうなり」

どちらとも取れる格言ですが、今は「もうはまだなり」なのでしょう。

持ち株の売りの時にも使われる格言です。

下げて、更に下げる

数日、下げっぱなしの相場が続いています。

期待している銘柄は、今日は反発するだろうと思って小刻みに売買していますが、すぐに含み損を抱えてしまい損切りしています。

余りにも損切りが続き、頭が痛くなりました。(苦笑)

下げるときは徹底して下げる怖さを体感しています。

持ち株を全て処分した

この一週間の相場は、下げっぱなしで切り返して上げるタイミングがありません。

持ち株も全て損切りをしました。

他の株を見ても下げに下げ、買いたくなる水準ですが、買ったら更に下げそうで怖いのです。

今回の下げ相場で、魅力的に下がったと思った株に何度か手を出しましたが、更に下げて損切りを余儀なくされました。

今は、静観すべき時なのかもしれません。

じっと見ているのも辛いものです。

もう、上げるだろうと期待してはいけない

十分下げたので、そろそろ上げると期待してはいけないのです。

相場の格言「もうはまだなり」なのです。

毎日、下げに下げ続けていますが、いつかは反転して切り返します。

しかし、今回の下落相場は、新型コロナウイルスの影響です。

現在のところ、このウイルスに対する予防薬や特効薬がありません。

つまり、解決策がないので、不安心理の中で売りに売られています。

予防薬や特効薬が開発されて、解決の目途が見えてくれば、株価も反転するのでしょう。

新薬開発のニュースで爆上げとなるのでしょうか。

何か、インパクトのあるニュースでもない限り、リバウンドはあるかもしれませんが、更に下げる可能性もあります。

この様な状況の中では、もう十分下げたから上げるだろうと考えるのは危ないと思います。

アメリカに以下の格言があます。

「デッド・キャット・バウンス(dead cat bounce)」です。

少し残酷な表現ですが、「死んだ猫を高い所から落とすと少しバウンドする」です。

リバウンドを狙っては危ないという格言のようです。

日本では「落ちるナイフを掴むな」です。

こちらは落ちるナイフを掴んでケガをした記事です。

イケてないシニアのライフスタイル/ようこそ損切り爺カフェへ

暴落相場で落ちるナイフのような下げに手を出して刃先を掴んでケガをした取引です。リバウンドもあったのですが、タイミングを逃…

一旦、全て売却しました

株は値上がりを期待して投資しますが、意に反して値下がりし、止む無く損失を確定させるのは本当に辛いものです。

今回、損切りラインで全株を切りましたが、それでもかなりの損失がでました。

こんな時は、信用でレバレッジを効かせている私は、早めに損切りしないと株式市場から退場させられます。

一旦売却して、新型コロナが落ち着いてから、再投資しても良いと思います。

含み損を抱える心理について記事にしています。

イケてないシニアのライフスタイル/ようこそ損切り爺カフェへ

損切り爺です。 少し強めのタイトルになってしまいましたが、私の本心ですので、ご容赦下さい。 今回は、分かっていても、つい…

まとめ

毎日、株が下がり辛い日々が続いています。

しかし、明けない夜はないといいます。

必ず反転するときがきますので、もう上げるだろうと推測で買わないほうが無難だと思います。

狙っていた株が急に上がってしまうのは、悔しくて、地団駄踏んで悔しい気持ちになります。

しかし、必ず買いのチャンスは訪れると信じて止みません。

損切り爺でした。

 

下げに下げる暴落相場
最新情報をチェックしよう!