玉川学園「ぬぼこ山神社」竹林にうっそうと囲まれた唯一神聖な場所

こんにちは。今日は毎日利用している最寄り駅近くにある神社を紹介します。

小田急線の玉川学園前駅からゆっくり歩いて約4分のところに「ぬぼこ山神社」があります。

この「ぬぼこ山神社」は、別名「ぬぼこ山本宮」や「瓊宝庫山本宮」とも呼ばれ地元の人々から愛されています。

私が、玉川学園に引っ越して来たのは約25年前、当時は「ぬぼこ」という名前が「日本昔ばなし」にでてきそうな神社だと思ったものです。 

駅から我が家まで徒歩約10分、その途中に竹林がうっそう茂った角地があり、ここ一帯が「ぬぼこ山神社」、うぐいす坂または女坂と呼ばれている坂道に面して鳥居が設置されています。

 

「ぬぼこ山神社」の外観内観

坂道の車道に面した「ぬぼこ山神社」の鳥居に一礼してくぐると、竹林に囲まれた狭い参道に入ります。

天気の良い日中でも、竹林によって陽射しが遮られるため光明が落ちて、ひんやりとしていて霊気を感じ、厳かな気持ちになります。

ゆっくりと歩を進めます。

ぬぼこ鳥居

ゆるやかな上り坂の参道も半ばあたりになると竹林が疎になり、かなり陽が差し込んでややまぶしく感じます。

何かの気配を感じ、いざ振り返ったがただ静寂あるのみです。

ヤブから熊は出てこなくても、イノシシが突進してきそうな気がします。

参道はさほどの距離はありませんが、本殿まで緩やかな上り坂、両脇には所々に木製の灯籠が配置されいる。

また、白提灯も下げられていますが、夜は裸電球が灯るのでしょう。

身を清めて本殿へと思いましたが、御手洗は今日は空でした。

お賽銭を献上、「国家間の争いが静まり、世界平和となりますよう」祈って失礼しました。

   

実は、この本殿は数年前に全焼、その後寄付を募って数カ月かけて本殿が新築されました。

本殿正面の車道側垣根が取り払われ、道端から本殿が一望、参道を通らずに直接参拝できるようになりました

これは本殿の火災は放火の疑いがあり、多分不審者が一般の人の目に触れやすいようにしたのでしょう。

参道を通らずに参拝する人もいるようですが、やはり参道を通っての正規の参拝をしてほしいと思います。

気分も御利益もかなり違うハズです。

参拝される方は是非、軽く一礼をして鳥居をくぐり、おごそかな気持ちを持ちつつ参道を一歩一歩踏みしめて霊気を感じながら、やがて目に入る御手洗で身を清めてから本殿へ参拝してほしいものです。

ただし、御手洗に水を張っていない日もあるので、その時は心で中で身を清めてください。

わが町玉川学園唯一の厳かな神殿、昔は正月といえば明治神宮や川崎大師に初詣に出かけていました。

しかし、ここ数年の正月はここ「ぬぼこ山神社」に初詣、今年こそ羽ばたけと参拝しています。

そろそろご利益の頃でしょう。

ところで玉川学園の人口は約16,500人、正月三が日は、普段はひっそりしているこの「ぬぼこ山神社」にも多くの人が新しい年の平安を祈願に参拝に訪れ賑わいます。

寅さんの映画の初詣の様にです。

「ぬぼこ山神社」の起源

この「ぬぼこ山神社」は、別名「ぬぼこ山本宮」や「瓊宝庫山本宮」などと呼ばれています。

入口の案内板の説明によると、「ぬぼこ」の名称の起源は、吉備(現在の岡山県全域とその周囲一帯のこと)の抜剣山(ぬぼこ山)に在りましたことから万葉仮名で、「瓊寶庫山本宮」とされ、「ぬぼこ」とは霊威ある御剣との記載があります。

また、抜剣影山流(ぬぼこかげやまりゅう)とは、素戔嗚尊(すさのおのみこと)の天羽々斬剣(降魔の剣法)の伝流で、今から940年ほど前、丹波国の一之宮・元出雲神社の神影山に隠栖(隠棲)されていた影山善賀入道清重公を中興の大祖とする上代古流の武道のことだそうです。

御祭神は、スサノオノミコト、オオクニヌシノミコト、イセツヒコノミコト、アメノミナカヌシノミコト、タカミムスビノミコト、カミムスビノミコト、です。

玉川学園前駅からぬぼこ山神社までの地図