100万円の元金を固定して信用取引のレバレッジを効かせ預金200万円確保に挑戦中!モットーは早めの損切りです

博多風の豚バラの串焼きは最高!タマネギとのハーモニーで旨味が増す

こんにちは。幸爺です。今日は博多風の豚バラの串焼きをご紹介します。

約40年前、学生時代まで過ごした郷里の九州博多、特に博多は食べ物が美味しい街です。

学生時代は焼き鳥屋に頻繁に通い、豚バラの塩焼き、鶏皮タレ焼き、エビの塩焼きを肴にして芋焼酎のお湯割りを飲むのが至福の時、最高の喜びでした。

串焼きの中でも特に「豚バラ」が大好きで、東京に来てからも家で度々作って楽しんでいましたので、今回ブログで紹介します。

豚肉のビタミンB1は疲労回復に効果があるといわれています。

更に玉ねぎは、豚肉のビタミンB1の吸収を高める働きがあることが知られています。

なので、「博多風の豚バラの串焼き」は夏の疲労回復に最適です。

自宅でも簡単に作れて美味しく楽しめますので、チャレンジしてみて下さい。

博多風の豚バラの串焼き

豚バラの焼き鳥レシピ

豚バラの焼き鳥のレシピ

●豚バラのブロック(国内産)

●タマネギ(1/2個)

●竹串

●塩

●洋コショウ又は七味唐辛子(お好みで)

 

豚バラを短冊切り

豚バラの短冊切り

豚バラを一切れのサイズを考えて、短冊切りにします。

厚く切り過ぎると、火が通りにくいので注意しましょう。

肉が薄く切り過ぎると、串刺しの時に苦労しますが、薄くても焼く時に脂が適度に落ちて美味しいですよ。

タマネギの短冊切り

タマネギの短冊切り

タマネギを半分に切って、外側の皮をむき、画像のように縦と横に十字に切れば、短冊状になり、串にさしやすくなります。

焼いた時に、タマネギと豚バラの相性がすごく良いです。

タマネギと豚バラのハーモニーは最高ですよ。

適度に火が通ったタマネギとバラ肉を一緒に頂くと口の中で旨味が増して、すごく美味しいです。

ということで、博多風の豚バラの串焼きにはタマネギは絶対に欠かせません。

竹串に豚バラ肉とタマネギを交互にさす

豚バラ串完成

竹串に豚バラとタマネギを交互にさします。

バラ肉は串にささりにくいので指にささらないように注意しましょう。

過去、私は何度も指にさした経験があります。

特に注意が必要なのは、竹串の先が2つに割れている場合で、肉にささりにくいため、力を入れすぎると割れたた竹串が指にささり痛い思いをしますので、くれぐれも無理をしないでください。

今回の竹串は大丈夫でした。

塩とコショウで味付け

塩コショウで味付け

お好みで塩とコショウを振りかけて、下準備完了です。

後は、ガスオーブンで焼くだけ。

豚バラ串をオーブンで焼く

ガスオーブン焼き

空のままガスオーブンに火を入れて、あらかじめ2分ほど温めましょう。

温まったら、豚バラ串を並べて焼き始めましょう。

強火で、4分~5分程度で焼き上がります。

豚バラ焼き 出来上がり

焼き上がりの状態を確認して、十分に火が通っていることを確認して出来上がりです。

皿に盛り付け

いつもの事ですが、串が焦げてしまいます。

串の余った部分をアルミホイールで包んで焼けば良いのですが、家内と食べる時はこのひと手間をサボっています。

焼き鳥テーブル

最新情報をチェックしよう!