100万円の元金を固定して信用取引のレバレッジを効かせ預金200万円確保に挑戦中!モットーは早めの損切りです

消費税増税は追い風だ!企業コンサルのプロレド・パートナーズ【7034】

こんにちは。今日も元気でイケてないシニアの幸爺です。

10月から消費税が増税されますが、増税によって商品が売れ無くなれば企業の業績に影響がでます。

企業の収益が低調になれば、株価も低迷することになります。

株爺としては消費税の増税を心配しています。

そこで、消費税増税の影響を受けないどころか、消費増税が逆に追い風となる企業をリサーチしましたので、ご報告いたします。

「証券番号:7034 株式会社プロレド・パートナーズ」

プロレドパートナーズのチャート

プロレド・パートナーズのプロフィール

プロレド・パートナーズの事業の特色

プロレド・パートナーズの事業は、企業に対してコスト削減のコンサル業務をしています。

大企業や企業再生ファンドなどに成果報酬型でサービス提供しています。

成果報酬型とは、企業がコスト削減できたら、そま中から報酬を支払うシステムであり、コスト削減に成功した企業の支出は減り増えることはありません。

プロレド・パートナーズの事業は、この成果報酬型コンサルティングであるため、顧客満足度は高く、クライアントからのリピート率は90%以上だそうです。

プロレド・パートナーズのクライアントは、銀行や大手企業などの上場企業が大半で付加価値の高いコンサルティングが求められます。また、再生絡みのプロジェクトも多く手掛けています。

プロレド・パートナーズの財務状況(2018年10月時点)

自己資本比率   89.7% 非常に高い、一般的に40%以上あれば倒産しない。
利益剰余金  906百万円  
有利子負債    18百万円 借入金は少ない。
ROE    22.9% 十分に高い。東証1部上場企業の平均8%、欧米企業10%超。
ROA    11.1% 十分に高い。大企業のROAは2%台、欧米企業4%台。
営業CF   448百万円 本業の儲け(※特に重要)、プラスであること。
投資CF  -491百万円 マイナスは積極的に投資活動を行っている。
財務CF 2,201百万円 プラスは資金調達が多いことを示す。
現金等 2,722百万円  

引用:ヤフーファイナンス

「自己資本比率」と本業の儲けを示す「営業キャッシュフロー」は特に重要な経営指標です。

自己資本比率は、40%未満になると倒産のリスクが高まります。

営業キャッシュフローがマイナスになっていると、本業で赤字をだしていることになりますので、投資対象から外したほうが無難です。

 

間近の決算発表

9月10日に2019年10月期の第三四半期決算が発表されましたが、増収増益、上方修正しています。

増収増益の要因として、コンサルタント先の顧客紹介やインバウンドによる案件数の増加、企業のコストマネジメント削減額の向上などにより、成果報酬の収益が増額したようです。

  当初の会社予想 9月10日の上方修正値
売上高 23億0500万円 26億2300万円
営業利益  7億4200万円 10億1800万円
経常利益  7億4200万円 10億0000万円
純利益  4億6300万円  6億2300万円
1株当たり利益    90円29銭   121円23銭

 

プロレドパートナーズの株価

第三四半期決算発表翌日の9月13日の株価です。

終  値 7,060円  前日比 +470(+7.13%)

7,160円 始値

7,250円 高値

6,720円 安値

92,900株 出来高

 

プロレド・パートナーズには消費税増税は追い風だ

プロレド・パートナーズは、企業のコスト削減や経営の問題を解決するための成果報酬型のコンサルティングを行っている会社です。

消費税が導入されると、企業の収益が低下する恐れがありますが、収益が下がった企業は、まずは、支出であるコストの削減に踏み切るでしょう。

そこで、プロレド・パートナーズが手掛ける「BPO」や「BPR」などの需要が高まります。

BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)とは、企業が自社の業務の一部を外部の専門会社へ委託することです。外部委託される主な業務は、総務、経理、人事・採用、コールセンターなどの間接部門業務です。

BPR(ビジネス・プロセス・リエンジニアリング)とは、企業の目標を達成するために企業活動や組織構造、業務フローを再構築することです。社内の人間ではなかなか改革できない分野です。外部から冷静に調査観察しコンサルを受けます。

 

プロレド・パートナーズのまとめ

プロレドパートナーズのチャート

プロレド・パートナーズをご紹介しました。

株価は、業績好調、上方修正された第三四半期決算の発表を機に急伸しました。

ただ、買われた後に戻り待ちの売りに押されています。

高値でヒゲを残して陰線引けていますので、今後も株価の乱高下が予想されます。

業績は好調で、10月以降消費税増税されると企業収益が減少し、コストカットを検討するため、プロレド・パートナーズへの需要が高まると考えます。

購入を検討される場合、もう少し株価が落ち着いてから、エントリーを検討したほうが無難です。

購入して、自分のシナリオ通り上がらなかった時は、含み損が大きくならないように、損切りは早めの対応をお勧めします。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

アイキャッチ画像PDCA
最新情報をチェックしよう!