決算発表に株を持ち越しは要注意!!ソウルドアウトで大損をこいた話

 

イケてるシニアになりたい代表、幸爺です。

さて、今日は、株で大損をしたお話です。

決算が良いだろうと判断して、決算発表の日に株を持ち越して大損をこいたのです。

また、やっちゃいました。

決算発表をまたいで、株を持ち越すのは要注意、よほどの確証がない限りすべきではありません。

決算またぎで株を保有して大損

人の不幸は蜜の味といいますので、皆様に甘くて幸せな思いをして頂きたいと思います。

株が大きく動く要因に決算発表IRがあります。

決算発表後の翌日には、決算の内容によって株価が大きく上下どちらかに動きます。

決算が市場のコンセンサスを上回れば買いが集まり株価は上昇、逆の場合では下落します。

私は、「証券番号6553 ソウルドアウト」の第一四半期の決算が市場のコンセンサスを上回ると予想をして、決算発表日に株を持ち越しました。

引用元:ヤフーファイナンス「ソウルドアウト」

不安がなかったわけではありません。

市場の予想を大きく上回る方に賭けたのです。

ネットで色々と調べましたが、これといった根拠もなく、好決算を予想して、資金全額を投入しました。

大勝ちを夢見たのです。

博打好きな性格が災いしました。

ソウルドアウトの第一四半期の決算発表日は、5月のゴールデンウイーク明けの9日木曜日でした。

9日の引け後に発表された決算の内容は、

営業利益が-56.2 90%、

経常利益が-63.8 41%、

四半期純利益が-75.3%、というひどい内容でした。

ソウルドアウトの第一四半期の決算発表

事前に決算内容が悪いことが分かっていれば株を持ち越す人はいません。

例えば、会社関係の人から決算情報を教えてもらっていれば、インサイダー取引として両者は罰せられますので、事前に知る術はありません。

その夜に、全株、成り行きの売り注文を出しました。

当然のごとく、翌日の10日金曜日は値幅制限いっぱいのストップ安、比例配分により、持ち株の半分を売却することができました。

3900円の株価が3200円へ下落し、大量の売り注文を残していたので、翌営業日の月曜日には更に下げる気配です。

そして、迎えた13日月曜日、この日もストップ安の比例配分となり、なんとか残りの半分を売却することができました。

前日のストップ安の株価3900円が2500円となり、買値4100円から半値近くの株価になりました。

2日間にわたって多くの株数を売れ残したソウルドアウト株式会社、アンソウルド(unsold)株式会社に社名を買えたらと本心で思いました。

両日での損失額は、約50万円、とても大きな損失をこうむりました。

この時は、毎日損失の事が頭から離れず、免疫力が下がって体調も頭もおかしくなりました。

 

ソウルドアウトチャート

9月4日現在、ソウルドアウトの株価は、1400円前後ですから、更に1000円以上も下げたことになります。

塩漬けにせず、売却して良かった

とりあえず、思い切って処分したことは正解でしたが、確証もない株を決算発表に持ち越したことで、大損をこいてしまいました。

株を売却せずに、何れ戻るだろうと、塩漬けにしていたらと考えると怖くなります。

最近の傾向として、決算が市場のコンセンサスを少しでも下回ると大きく売られる環境になっています。

一方的に売られ過ぎるのは、人工知能を活用した自動売買がが普及したからといった見方もされています。

持ち越しに大きく後悔

9日の決算発表で決算書を見た瞬間、持ち越しをしたことに後悔、愚かな自分を責めました。

しかし、事実は事実で変えることはできません。

基本的に株式投資は賭け事ではありせんが、この時は競馬や競艇のような賭け事と同じ目線で株式投資をしてしまいました。

株は、投資の仕方、売買の仕方によっては博打にもなります。

例えば、デイトレードで時々刻々と動くチャートを見ながら、売買を繰り返す方法は博打に近いと思います。

まとめ

今回は、さしたる根拠もなく、決算発表日に株を持ち越し、二日連続ストップ安、大損の悪夢の経験を記事にしました。

決算発表に株の持ち越しはすべきではありません。

よほどの確証がない限り。

株式投資は、自己責任でありますから、ネットに書かれていた情報を参考にして投資し、大損をしても、誰かが損失を補填してくれることはありません。

投資は損失を覚悟で行うことは前提です。

決算発表に限らず、持ち株にマイナス情報が発表された時は一旦売却した方が賢明です。

すぐに切り返すこともありますが、その後ズルズルと下がることが多いのです。

下がりすぎると売るに売れない心境になります。

塩漬け株の出来上がりです。

今回は、「株の決算またぎにはくれぐれも注意しましょう」という内容でした。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!