100万円の元金を固定して信用取引のレバレッジを効かせ預金200万円確保に挑戦中!モットーは早めの損切りです

暴落相場での株保有は強いストレスで免疫が下がる新型肺炎に注意

損切り爺です。

暴落相場が続いています。

切り返しそうで、なかなか反発してくれません。

この様な相場での買いポジションの継続は大きなストレスがたまって免疫力が低下します。

新型コロナウイルス感染症が広がっていますので、強いストレスの継続は避けるべきです。

今の相場は上昇を期待せずにノーポジションに徹したほうが心理的な負担にならず、ストレスもたまりません。

損切りしてもまた買いたくなる心理

過去の経験から暴落相場では、一旦損切りしたら、買ってはいけません。

相場が大幅に下落すると、耐えられなくなって保有株を一旦売却してます。

短期間に現金資産が減少して、大きなショックを受けます。

だんだん悔しい気持ちが大きくなります。

そして、損切りした株が切り返して売値よりも上がってくると、置いてけぼりを食らいそうで、もう一度買ってしまうことがあります。

損切りした金額を取り戻したいという気持ちが強くなるのです。

しかし、株は一時的にリバウンドしても、意に反して下がり始めます。

結局、株を手放せず、ここまで下がれば明日は上がるだろうと持ち越してしまいます。

翌日も切り返して上がらず更な下げるというパターンです。

株を保有していないと落ち着かないのです。

私の経験からも現金資産が減少するのは大きなストレスになります。

夜中のニューヨーク市場も大幅下落となれば、次の日本市場は更に下げることになります。

特に土日などの相場の休場マタギで保有するとストレスを長時間受け続けることになります。

私の場合、5月のゴールデンウイーク前日に決算マタギに失敗して、長い休場期間大きなストレスになり、ついに体調を壊してしまいました。

お金は命の次に大切だとおっしゃる方もいますが、大切なものを失ったり、失う恐れがあるときには大きなストレスになります。

科学的に大きなストレスは免疫力を低下させることが分かっています。

まとめ

いま世の中、新型コロナウイルス感染症が拡大していますので、注意していてもいつ感染するか分かりません。

大きなストレスを抱えたまま、免疫力が低下して外出し人ごみに行けば、感染のリスクが高まります。

今の相場は、一旦損切りしたら、世界の相場が反転するまでは株は保有せず、高見の見物を決めたらどうでしょうか。

体を壊しては元も子もありません。

老婆心から、今日は私の経験から言えることを記事にしました。

損切り爺でした。

新型コロナウイルス
最新情報をチェックしよう!