夏季だけの「オヤジの枝豆スープ」/天のしずくの辰巳芳子先生には遠く及ばない

枝豆スープ

辰巳芳子先生のスープには足元にも及ばない「オヤジのかぼちゃスープ」の第2弾です。

天のしずく「オヤジのかぼちゃスープ」を作った/辰巳芳子先生の足元にも及ぶはずがない

今日は、暑いこの季節でしか楽しむ事ができない、「枝豆のスープ」に挑戦しました。

枝豆といえばビール、ビールといえば枝豆、オヤジには枝豆とビールを切り離すことはできません。

枝豆をサヤから取り出している最中に何度も茹でてビールを飲もうかとくじけそうになりました。

辰巳芳子先生が「邪念は捨てなければ本物のスープに近づけませんよ」と仰ったので心を入れ替えてスープ作りに励みました。

枝豆スープのレシビ

●枝豆(一袋)

●玉ねぎ(1/2)

●ブイオン(1個)

●オリーブオイル(大さじ一杯)

●塩(少々)

●ペパーミント

●生クリーム

玉ねぎをスライス

玉ねぎ1/2個をオリーブオイルで蒸し炒めにはするので、スライスにします。

鍋にオリーブオイルを入れ、玉ねぎを投入

オリーブオイルは大さじ1杯、弱火で熱した鍋にしいて、玉ねぎを入れます。

オリーブオイルはエクストラバージンオイルを使用しました。

今日の主役の枝豆は、カボチャやシャガイモに比べて量が少ないので、オリーブオイルは最初の1杯で良さそうです。

玉ねぎを蒸し炒め

鍋に蓋をして弱火で15程度蒸し炒めをします。

途中でヘラを使ってオリーブオイルをなじませましょう。

玉ねぎがしんなりして透明感が出てきたら、サヤから取り出した枝豆を投入しましょう。

枝豆を加える

オリーブオイルを枝豆になじませましょう。

鍋に蓋をして、弱火で10分から15分再び蒸し炒めをします。

時々、ヘラでオリーブオイルを絡めて様子を見ましょう。

水とコンソメを加える

鍋に水を加えますが、水の量は、ひたひたになる程度に水を加えて下さい。

鍋にコンソメを1個入れて、弱火と中火の間位の強さで、10分程度煮て下さい。

次は火を止めて、熱を冷まします。

ミキサーで回す

熱が取れたらミキサーに入れて回しのしょう。

枝豆のグリーンが美味しそう。

ろ過する

ミキサーが終えたら、鍋の上に網をおいて枝豆のカスをろ過します。

ろ過が終わったら、温めて下さい。

この時に塩を少々加えて下さい。

塩を加えて味の調整

生クリームとペパーミントを加えて出来上がり

枝豆スープ

ビールのお友の枝豆がスープに化けてしまいました。

冷蔵庫で冷やして「冷製枝豆スープ」で頂くと更に美味しさアップです。

少し枝豆の青臭さが香り、辰巳芳子先生には全く太刀打ちできませんでしたが、家内と一緒に季節の味を楽しみました。